管理3期生の情報交換ページ

− 管理39 −
慶応義塾大学工学部管理工学科
昭和39年(1964)3月卒業

初代学科主任 山内二郎先生( 1898.4.1 - 1984.3.31)
この度、同級生の情報源になると思い掲示板を立ち上げました。2004/5/30
掲示板だけでは寂しいので、だんだんページを増やしてホームページにしました。

パソコンに弱い人がたくさんいるはずです。そういう歳なのです。われわれ全員が電子計算機をさわり続けていたわけではありません。若くして計算機から離れた人は、WINDOWS族ではないのです。

このページでもアンダーラインのある箇所は他のページにジャンプするようになっています。カーソルが指差しマークに変わります。そうしたら、左クリックしてください。リンクしていると言います。

細かい字の駄目な歳になりました。通常より大きな字を使いました。これでも見えない人は、「表示」でフォントサイズを大きくして見て下さい。

お 願 い

メールアドレスが更新されていて、メール連絡のつかなくなる方がいます。

最新のリストを管理してくれているのは松木と濱田です。

メールアドレスの変更・追加はメール管理者宛に面倒ですが忘れずに一報をください。


このページの制作・管理人 若山 邦紘

目 次


恩師の消息 

クラス会のページ 2016/7/17 更新

どんぐり会オープン  2016/3/15 更新 「第9回報告」

 同 期 会           

管理工学科3期生 2016年度同期会


1. 日時2016年10月22日(土)12:00 〜 14:00
2. 会場日吉キャンパス 来往舎 1F ファカルティラウンジ
               http://hiyoshi-facultylounge.jp/
3. 会費8,000円

4. 幹事浦研究室(代表:土居範久)

連絡は,原田賢一(haraken■able.ocn.ne.jp)が担当いたします.


 松崎奈岐さんフルートリサイタル
   2016年10月17日(月)16:00開演 
   東京オペラシティ近江楽堂

   第15回目のリサイタルです。音楽の好きな皆さん行きましょう。

 日刊工業新聞に柿澤晋一郎の記事(2014/12/1)

 卒業50周年記念図書カード 

 卒業50年ご招待(2014/4/1)

 生田誠三君(北京在住)情報 森 靖孝(2013/11/4)

 佐久間家RUMBULLION訪問記(2012/12)

 浦先生を偲ぶ会(2012/8/16)

 関根さんを偲ぶ会(2010/11/6)


● 同級生の訃報

● 定年後の出版  浦上忠之  神出瑞穂  生田誠三  


付 録

リンク

しょうすけの甲子園情報

お 願 い

メールアドレスが更新されていて、メール連絡のつかなくなる方が多いです。

最新のリストを管理してくれているのは松木顕一君と濱田洪一君です。

メールアドレスの変更・追加はメール管理者宛に面倒ですが忘れずに一報をください。

松木君はクラスの連絡事項をこまめに連絡してくれ、連絡先の更新もその都度お知らせが来ます。

管理39の事務局長に任命しました。



  

同級生の訃報

中井 厚君(高橋研)が2009年9月5日に亡くなりました。残念です。

田村道雄君夫人、博子さまの訃報が2011年1月13日に伝えられました。68歳とのことです。ゴルフの会にも参加されましたし、その前の晩の中華街萬珍樓での会食にも出席されました。ご冥福を祈ります。


お通夜に集まった同級生 鎌倉カドキホール(2011/1/15)

土居範久君夫人、治枝さまが1990年に劇症肝炎?といわれて入院してから、難病と闘いつづけて21年、63歳の若さで2011年4月20日に亡くなられました。カトリック田園調布教会に於いて27日に葬儀が執り行われました。ご冥福を祈ります。(2011/4/27)

荒牧紘一君(師岡研)が2011年3月27日に亡くなられ、故人の遺志で家族葬で4月2日に荼毘に付されたという知らせが師岡研の三善君経由で来ました。昨日、土居君の奥さんを送り出したところなのに、また、訃報です。ちょっと辛いです。(2011/4/28)

病気のため一年遅れて、昭和39年にわれわれと一緒に卒業した佐藤義郎さん(関根研)が2012年7月29日亡くなりました。福川君の奥さんの知人、池田功さんから伝えられた訃報です。佐藤さんは今年4月頃から肝臓癌で体調をくずされ、静岡県立がんセンターに入院されていました。(2012/7/30)

片山武久君(千住研)が2013年4月20日に亡くなりました。長年「喉頭がん」と闘っておられたとのことです。2007年の日吉で開催したクラス会には出席し、元気な様子だったのですが、その後のクラス会では欠席続きでした。(2013/4/21)

昭和39年3月に管理工学科を卒業し希望に燃えて社会に巣立った50名、大学院に残った30名の級友の中で、卒業年の夏に関西に就職した有松隆夫君の訃報が第一番に伝えられた。何と日本脳炎にやられてしまったのだ。その後、原田幸彦君渡辺俊之君小宮啓行君武田貫太郎君中井 厚君が亡くなり、2011年になって荒牧紘一君青木達也君、2012年には佐藤義郎君、2013年に片山武久君と悲報が続いた。

われわれのクラス会は1984年に「卒業20年のクラス会」を青山の日本青年館「東洋軒」で開催した。その次は、20年後に2004年の「卒業40年のクラス会」だった。5年に一度くらいの頻度で開いておくべきだったと残念に思う。その間に、6名の級友を他界させてしまった。卒業40年ということは、既に全員が還暦も過ぎて定年を迎える人も出てきた時期である。

昨2011年のクラス会が終わって、これからは毎年開催しようということに決めた。一年はあっという間に過ぎる。それでもいいじゃないか。皆さん、万障繰り合わせてクラス会に参加してください。昨年から顔を忘れかけていた飯野さん現姓:外山さんが参加してくれるようになった。懐かしい娘時代とおなじ笑顔をしている。

  

目次に戻る

管理工学科創設50周年記念フォーラム

日時:2010年3月13日(土)13:30〜
                  
場所:日吉協生館  藤原記念ホール

当日、出席された濱田君が3期生の集合写真を送ってくれました。Webmasterの若山は生憎、ゼミの合宿と日程が重なり出席できませんでした。濱田君、有難うございました。

受付で配布された出席予定者は18人だったそうです。増田学科主任の報告では22〜24名でダントツの人数とのことです。

出席者:赤井、岩間、植地、大山、柿沢、亀田、北村、児玉、佐藤邦、佐藤義、芝村、杉崎、田中、土居、濱田、原田賢、福川、松木


フォーラム終了後協生館にて(撮影:林莊祐)


グリーンズ・マルシュ(懇親会場)にて

目次に戻る

定年後の出版

浦上君が引退してから翻訳書を出版しました。「老にして学べば即ち死して朽ちず」という心境のようです。

水嶋康雅・浦上忠之訳「ロジスティックス経営と戦略」ダイヤモンド社,2005

サプライ・ネットワーク時代の必須知識を体系的に解説! こちらをクリック

神出瑞穂著「日本人の心とかたち―無自覚日本人考」おうふう (2012/10)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
神出/瑞穂
1942年生まれ。科学技術・生存システム研究所所長。国際陰陽科学会会長、総合知学会元会長、比較文明学会会員。慶應義塾大学工学部管理工学科卒。松下電器産業(株)中央研究所、本社教育事業担当、松下技研(株)(シンクタンク)。専門領域はシステム論、システム思想、日本精神と日本文明関係論、科学技術文明システムの計測と制御(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

生田誠三著 「緋色の転生」  

 

目次に戻る


リンク

取りあえず並べておきます。順不同です。もう少し増えたりしたら、カテゴリーなど決めて整理整頓します。
何かわれわれに直接関係のある方々のホームページなど情報がありましたら掲示板に書き込んでおいて下さい。

管理工学科のホームページ

林研のホームページ 古いんですって

川瀬さんのコンサルティング会社 GNN Inc.  

関根カンパニー 滑ヌ理工学研究所 
  関根さんが他界されましたのでリンクは外しました。

柿沢晋一郎の会社三和コムテック株式会社

大山忠一の会社光陽産業株式会社


若山邦紘の「ジャズにまつわる話」 URL改訂
  ジャズメンの間で有名になっているジャズサイト、仕事とは関係ない音楽のページ。

濱田洪一のマイマラソンホームページ 
 
フルマラソンを走っています。驚きです。

植地勢作の紙のサイズ 
 
第2日テレの動画サイトに紹介されました。もう、削除されて見られません。内容は「A版は国際サイズ、A0は1平方メール」「B版は幕府の公式文書に使われた美濃紙のサイズでB0は1.5平方メートル、日本だけで通用するサイズ」という解説でした。

鈴木正慶が中部大学にVMSCenter(Venture Management School)
 
を立ち上げ2009年まで校長を務めました。ヨッコが校長の間は順調に運営されていたのですが、後任の選定が誤ったようです。1年で放り投げてしまったそうです。新校長のもとで建て直しだそうです。リンクは外すことにしました。

目次に戻る

 


しょうすけの甲子園情報

高校野球のニュースは管理の4期生、林 莊祐君がいつも知らせてきます。

しょうすけは今後もいろいろな情報を送ってきます。すごい量になりそうです。それらを皆さんに伝えるために「しょうすけレポート」のページを作成しました。2008/8/30

目次に戻る